2018年12月23日

Doing

まだ、12月23日ですね。
はい。なんとか原稿書きました。
やっつけすぎですねwww

さて今年の観客動員はなんとなんと最終戦の種々の辻褄でなんと
2018 309,798人(平均18,223人) 
2017 313,100人(平均18,418人) 
と歴代2番目の観客動員に3,302人云う事で、
歴代3番目の数字となり、動員的にも頑張ったかなという得る数字にまとめました。
営業的にも安堵されたかと思います。

やはり
○厚別
○平日(水・金)
○ナイトゲーム
これが三重の枷、なんでしょうな。

日付 アウェイ スタジアム 入場者数
第3節 3月10日 清水エスパルス 札幌ド 19,390
第4節 3月18日 V・ファーレン長崎 札幌ド 13,568
第6節 4月7日 名古屋グランパス 札幌ド 17,390
第7節 4月11日 湘南ベルマーレ 札幌ド 11,183
第10節 4月25日 横浜F・マリノス 札幌厚別 6,729
第13節 5月5日 ガンバ大阪 札幌厚別 12,382
第16節 7月18日 川崎フロンターレ 札幌厚別 10,711
第17節 7月22日 ジュビロ磐田 札幌厚別 10,723
第20節 8月5日 柏レイソル 札幌ド 26,805
第21節 8月11日 セレッソ大阪 札幌ド 21,614
第23節 8月19日 FC東京 札幌ド 18,521
第25節 9月1日 ヴィッセル神戸 札幌ド 32,475
第27節 9月23日 鹿島アントラーズ 札幌ド 21,074
第28節 9月29日 サガン鳥栖 札幌ド 16,195
第31節 11月4日 ベガルタ仙台 札幌ド 24,065
第32節 11月10日 浦和レッズ 札幌厚別 12,723
第34節 12月1日 サンフレッチェ広島 札幌ド 34,250

チケット無い無い騒動のあったガンバ戦・おきつつあった浦和戦にしても1万3千行っていない
(厚別の特殊事情として1万5千以上チケットは売ることが出来ないのではないかと推測するが)
中でもちろん浦和戦も今年は暖かかったとはいえ11月の厚別は本来やってはいけない時期でもあり、
厚別5戦、もっと悲惨な動員で足を引っ張る可能性もあるかと思われたが、なんとか最低限のラインで留まったということになろるでしょう。
ドームの動員で大きかったのは最終戦の他、
イニエスタバブルの神戸戦、
夏休み動員でせっかく2万6千入ったのにコテッと負けた柏戦、
なんだか判らんけど入った仙台戦と、
後半のカード的に恵まれすぎていたのかな、という感じもありますが。

来年度は、ラグビーワールドカップの指定会場で9月がほぼ使用できないことが予想されるので、
ここの日程は先に大分が大分市陸を特別利用申請出したように
札幌ももしかすると厚別でないどこか、の開催を視野に入れているのかもしれないと考えたりします。
それにしたって動員にはプラスになる話ではないのが痛いところかと思います。

ルヴァン?あーそういうのもあったねぇ(遠い目)
去年はプレーオフステージ込みで21,272人、今年はホーム3試合で15,196人とやっぱ上に行かないと動員に寄与するのは難しいのがルヴァンの難しいところでしょうなぁ。

ともかく、日公さんが出て行くまではどうやっても向こうの方が早く決まる日程に左右される状況が続くと思うので、
うちも夏に使用できる2万5千ぐらいのスタジアム、あると便利ですよね...
そんな夢物語を冬の駄馬なしにしつつ、来年を迎えることとしましょう。
では。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://qwe.cx/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする