2017年12月21日

コンサドーレ四方山話。

○残留おめでとうございます。

まず、みんなきっと忘れていると思うので。
2008年10月19日付け柏戦後のHFCとの話し合い議事録


株式会社北海道フットボールクラブ執行役員チーム統括(GM)村野 晋(現 楽天ヴィッセル神戸株式会社 ヴィッセル神戸強化本部長 兼 アカデミー本部長 兼 アカデミー本部アカデミー運営部三木谷ハウスグループマネージャー)(...肩書きなげぇよ。)


(村野)
『現実として、J1からJ2に落ちて、今この場で降格が決まった時点で私が言って良いのかも判りませんけれども、このチームは皆さんのチームなんですよ。だからクラブの方針だとかですね、これからどうするんだということは私時間がある限りお話させていただきます。
 だけども皆さんのチームで、これから先10年、20年、コンサドーレがここ北海道・札幌市に有り続ける、継続させる、存続させるということに関しては、私が言って良いのかどうか判らないんですが「J2に落ちても応援してあげて欲しいし、応援するべきだ」と思います。
 やっている人間が力が足りなくてチームを勝たせることが出来ないのであればもっと良い人間を連れて来る。お金がないのであれば、もっと稼ぐ方法を考えてですね・・・。
 「コンサドーレは人生そのものだ」という風に言っている方もいます。ですから最後まで諦めないというか・・・、また怒られるかも知れませんが「ずっと先のことを考えればJ2に落ちたってどうということないんですよ。申し訳ないけれども。また上がれば良いんだから・・」』
(村野執行役員の言葉に居残者からどよめきが起こる)。

10年前にこの人がこう言って、今がある訳なんですよ。
チームが連綿と続くこと。
今年は2回目の残留というエポックがあったので、もう一度出してみました。

※しかしねぇ。本人が言っているけど、その日のその場所で会社の人間がコアサポ前にして「もう一回上がれば良い」と言う、その度胸たるや凄いよな。

○観客動員について。

ツイッターでちょろっと書いたんだけれども、今回話題にしてみましょう。
本来であれば2008年と2012年も含むべきなんでしょうが、
J1なのに客増えてないじゃん、と言う結果だったりするので、割愛。
まず今年と,前回の残留時でありドームバブルだった2001年の2つを見比べてみましょう。

2017年      動員  平均 
リーグ    17試合  313,100 18,418
ルヴァン    4試合  21,272  5,318
合計      21試合  334,372 15,922

2001年      動員  平均 
リーグ1st  7試合 126,345 18,049
リーグ2nd   8試合 207,080 25,885
ナビスコ   1試合   2,439  2,439
合計    16試合 335,864 20,991

単純に数字から行くと、2017年は史上2位の動員数であり、
昨年の21試合305,732を上回る動員数として結果は重畳でしょう。

ドームの最小入場者数も4節の広島戦12,624、
ホーム2連戦、前の週のホーム開幕戦で21,760と言う数での翌週という悪条件。
6月4日の神戸戦も12,644と20しか違わないが、動会当日(しかも先週からの天候不順による週またぎの順延+前日順延も含む)集客の見込めない中での開催ではいかなドームでも動員苦戦は免れなかったではなかろうかと。
その他、勝利優先のための厚別開催の柏戦がドームだったらのたらればで、観客動員の記録更新も可能かと思われた他、
最終戦の3万という動員目標の強気に、腰が抜けましたわ。

来期は近々に平均動員2万をめざすために、まず平均動員16,000、動員336,000を目指す。
そして噂される金曜ナイトゲームor日公都合の月曜ナイトゲーム以外の土日祝動員は14,000より上を狙わなくてはならない。
月曜と金曜ナイトゲームはどうやっても1万オーバが関の山なので...良い対戦カードは逆に置きたくないよね。

ちなみに、皆さんは当たり前のようにシーチケを持っていたり、
持っていなければ同月内2週続けての試合の2試合目のチケットなんてものを何の抵抗もなく買う人たちなの集まりなのだが、
世の中の大多数の人たちは、そんな消費行動を行わないことをご存じであろうか。
夫婦+子供2名の一見さんである場合、夢プランを用いても前売りでゴール裏2200円×2の出費になる。
これを1月に2回なんて事はあり得ない、と言うことを何度も直接聞いた。(もちろんチケット以外の出費も重なる訳なので)
日本ハムなら対戦カードを選ばなければ一番安いスーパーバリューは自由席で大人1000円、子供700円である。
夢プランなら子供のチケット分にお金が掛からないとはいえ、どうやっても1試合のコストの重さがかかる。
とはいえ、今更割引券や招待券をばらまくのは、出来ない。
割引券・招待券の乱発は客単価にダイレクトに響く毒薬だからだ。

じゃぁどうするか。試合単位のパフォーマンスを上げ、さらに勝利による多幸感を味わってもらうより無い。
#特殊な例として馬鹿サッカーで点の取り合いも有り。点が入らない試合は一見さんには圧倒的につまらないから。
でもその多幸感の積み上げが一番難しい。勝負は水物だから。

ただでさえ年長の方が多い札幌の客層に新しい(出来れば年齢も若い)、一見さんをリピーターにするための取り込み施策が欲しいところではある。
ファンクラブ(クラブコンサドーレ、ホワイト\3500レッドキッズ\2500は敷居高いしな)未満の人たちを上手く取り込む方法を見いだしていくしかない。
そこらへんは博報堂さんに期待(ぶん投げ)することにしましょうw。

○育成のこと。

私は育成ってのは指導者も含めて育成なので、地域の指導者相手の講習だけでは無く、人からのサッカー指導者の育成講座みたいのが出来る様になれば良いと思っている。それプラス、サッカー脳の良い人を量産する・見る目をつくる為にも、受講料を徴収して「頭のサッカー講座」(サッカー実技無し)をやるのも良いんじゃ無かろうかとおもう。(もっとサポから搾り取ろうぜw)
赤黒連盟さんのやっているコンサドーレラボのもっとサッカー戦術バージョンとか、もっとサッカービジネスに振った企画ものとして如何であろう。戦術とは何かを深く教えたり、契約ってどういうことをするのかを教えることで、チームがどんなことをしているのかをより深く知ることが出来るのでは無いか、なんて駄話はともかく。

個人的に、日本のチームというチームにコンサドーレ札幌に関わった指導者や選手がまんべんなく居る状態が、
コンサドーレ札幌の育成の勝利だと思っているので、ず道内にその芽をどんどん植えていっている現状かと思うが、
来年は名塚さんが山口へ行って、札幌の各年代で培ったその指導力を披露していくことになると思う。
財前さんが戻ってきて、来期からは札幌スタンダードの育成システムの構築をすることになる。
まだまだ道険しいし、そのためにももっと銭は必要なのだが積み上げていくことが必要なので、一つ一つ慌てず騒がず進んでいくべきだと思う。


○チームを去る選手について
高3の春にぐぐっと体格が良くなったのをみてなるほどなんとかなるかも、とは思ったが、息の長い選手になってくれたことは非常にうれしい。2回目の契約終了というのが本当に心苦しいが、ぜひともサッカーを続けて欲しい。
櫛引...富岸のサッカー少年が名古屋に請われて移籍するなんて事は本人も夢にも思ってなかったと思う。石さんの時代に戦術練習中、CB/SB/ボラとワンプレー毎に回されたあげくにポジション外された状況を見ていた事があって、当時櫛引ボランチ待望論とかがあったんだけど、石さんも試行錯誤して駄目だと判断してるんだ、と思った事が思い出です(おい


四方山話なのに四方田さんに言及しないのはお約束と言ったところでお開きに。